お気軽にお問合せ・ご相談ください

コトブキホームビルダーの家づくり

快適な住空間を創る断熱仕様

日本の家は夏暑く、冬寒いのが当り前ではない

日本の家は夏暑く、冬寒いのが当り前ではない

比較的高温多湿な時期が長い日本、住宅は夏をいかに涼しく過ごせるかと考え方で建てられてきました。冬の寒さは、着物を余計に着たり、暖房設備を整備すれば我慢できるが、夏の暑さを解消することは困難だと考えられていたからです。

近年の「高断熱・高気密」という考え方では、室内の暖気をいかに外に逃がさず、冬暖かく過ごすかということが基本になっています。しかし、逆に夏の熱気を外に逃がすことができないので、一晩中クーラーを運転させておかなければ暮らせない家が出来上がりました。

コトブキホームビルダーの造る家は、「住み心地」を重視して設計します。冬寒く、夏はクーラーを運転しておかなければ過ごせない家は、「住み心地」の良い家とはいえません。
当社では住む方に快適な住み心地を実感していただくために、床下へ35mm厚の断熱材敷き込みと屋根および外気に接する壁への現場発泡ウレタンフォーム(Kフォーム)の吹付を標準仕様としています。
(*個々の建築状況によって対応します)

コトブキホームビルダーの断熱工法

コトブキホームビルダーの断熱工法

コトブキホームビルダーの断熱工法

現場発泡ウレタンフォーム(Kフォーム)は、断熱性のみならず気密性や吸音性などに優れたノンフロンの硬質ウレタンフォーム断熱材で、対象物に吹付けられると瞬時に反応を開始し、数秒で数十倍に発泡し、わずかな樹脂との空気からなる発泡体を形成します。

コトブキホームビルダーの断熱工法

高度な断熱・気密化により、外気との無駄な熱交換がなくなり、温度差の少ない快適な空間をご提供します。たとえば、トイレや浴室・洗面所等の温度差が小さくなることで、冬場のヒートショック(急激な温度変化による血管収縮)を未然に防止します。特にお年寄りや赤ちゃんなど安心して暮らしていただけます。

Kフォームは、他の断熱材にはない以下のような特徴を持っています。

1. 断熱施工と気密施工が同時に出来る

住宅の壁や屋根に隙間なく吹付発泡されるので、シームレスな断熱施工と気密施工が同時に行えます。このため、住宅各部からの空気の漏れや隙間風を防止し、計画換気を可能にします。

2. 環境にやさしい断熱材

オゾン層を破壊するフロンを一切使用していません。またシックハウスの原因となるホルムアルデヒドも含まない環境にやさしい断熱材です。

3. 吸音性、床衝撃音の遮音性

最近住宅の気密化が進むにつれ、住宅内部における反響音など音の問題がクローズアップされています。Kフォームは一般の硬質ウレタンフォームにはない吸音性を持っています。さらに木造住宅では難しいとされる重量床衝撃音の遮音性にも効果を発揮することが実際の建築現場における遮音性試験において確認されています。

4. 自己接着性

Kフォームは吹付発泡されると同時に対象物に接着します。このため、断熱層が対象物から脱落するなどの心配はありません。

5. 湿気の除去

Kフォームは、オープンマイクロセル構造により湿気を透過させるため、屋根などの木構造材の腐れなどのダメージを少なくし、最適な空気環境を作ります。

6. 工期短縮

現場発泡システムのため、施工期間の短縮が可能です。30~40坪の一般的な木造住宅では、およそ1から2日間で断熱及び気密施工が可能です。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください小冊子プレゼント

Copyrights (C) 2013 KOTOBUKI HOME BUILDER All Rights Reserved.


PAGE TOP