お気軽にお問合せ・ご相談ください

コトブキホームビルダーの家づくり

地震に強い基礎・構造

日本における地震被害

日本は、地震大国としても知られ、1995(平成7)年に発生した阪神淡路大震災では6,434人の方が亡くなり、約20万件の家屋に全壊または半壊の被害がありました。
また、2011(平成23)年3月11日の東日本大震災では、死者・行方不明者が2万人近くなっています。(東日本大震災とそれに伴って発生した津波、及びその後の大きな余震により発生した人的被害) また、日本だけでも過去に次のような大きな地震がありました。

発生年月日 地震名 マグニチュード 死者・不明者
1923. 9. 1 関東地震 7.9 10万5385人
1978. 6.12 宮城県沖地震 7.4 28人
1983. 5.26 日本海中部地震 7.7 104人
1993. 7.12 北海道南西沖大地震 7.8 約230人
1994.10. 4 北海道東方沖地震 8.1 11人
1995. 1.17 兵庫県南部地震 7.2 6434人
2000.10. 6 鳥取西部地震 7.3 0人
2003. 5.26 宮城県沖地震 7.0 0人
2003. 9.26 十勝沖地震 8.0 2人
2004.10.23 新潟県中越地震 6.8 68人
2005.03.20 福岡県西方沖地震 7.0 1人
2005.08.16 宮城沖地震 7.2 0人
2007. 3.25 能登半島地震 6.9 1人
2007. 7.16 新潟県中越沖地震 6.8 15人

被害状況は様々ですが、東京や埼玉などの大都市圏で大型の地震が発生すれば、より大きな被害となることは確実です。
阪神淡路大震災で亡くなった方の8割の方が、家屋や家具の倒壊による圧死として推計されており、大きな地震では大切な我が家が凶器となることもあるのです。
コトブキホームビルダーでは、お客様に永く安心していただくために、耐震性にこだわった家づくりをしています。

コトブキホームビルダーの耐震構造

コトブキホームビルダーではSE構法を採用し、木造住宅でありながら耐震性の高い住宅建設をしています。

構造部材として耐久性に優れた集成材を使用

●構造部材として耐久性に優れた集成材を使用
コンピューター制御による高精度プレカットによって作られるJAS構造用集成材を木骨として採用しています。
この集成材は、天然木材の長所をそのままに、反り、ねじれ、割れ、伸縮などの欠点を克服し、飛躍的な強度を実現しています。

しかも安定した品質が構造計算を可能にし、大規模構造建築物をも可能にしています。
集成材は、圧縮、引っ張り、曲げ、せん断等において、ムク材の1.3倍の強度を誇っています。(ただし同一重量 での比較)
また、乾燥した板材のみを使用するため、反りや割裂がなく、狂いも少なくなっています。

金物工法により耐震性を強化

●金物工法により耐震性を強化
木材の接合部を金物により補強することにより、集成材の特長を引き出すと共に、強度を確保しています。同時に柱梁の断面欠損が起きにくく、構造的にも高い安全性を誇ります。

金物、高耐力フレーム、高耐力壁、集成材本体は、数々の工法接合強度実験をクリアした素材により構成されるため、1階部の大開口の確保やビルトインガレージの設置といった高い強度と安全性を約束できます。

全棟構造計算を実施

●全棟構造計算を実施
CADと連動した立体応力解析で全棟安全性を点検しています。
さらに台風、地震、積雪などの自然災害についての安全シミュレーションを行います。 木造住宅においても、大規模建築と同様の応力解析による構造計算を実施し、立体応力解析で、あらゆる安全性を点検します。

もちろん様々なデータをもとに、コンピューター上で、台風、地震、積雪などの自然災害についてもシミュレーションし、その安全性を確認しています。 これにより構造上の木造住宅では実現できなかった大空間を可能にしています。

確実な基礎工事により高い耐震性を実現

確実な基礎工事により高い耐震性を実現

住宅の建築において基礎工事は、もっとも重要な部分です。どんなにデザイン性に優れた高性能の家であっても、基礎工事が十分でなければ、長く生活していく間には家が傾いたりして、取り返しのつかない問題が生じます。

家の設備や内装に問題があったとしても、後で変更することはできますが、基礎の部分はコンクリートでつくられるため、簡単に変更することはできません。
基礎を変更するということは、家を建て替えることと等しいことなのです。

お客様の目に見える個所ではありませんが、コトブキホームビルダーでは基礎工事は特に気を使い慎重に行っています。 基礎工事を行う際のポイントは次の通りです。

■鉄筋検査
基礎構造体の骨組みとなるのが配筋です。工事完了後、自主検査を行い、その後、第三者機関によるチェックなど、二重・三重のチェック態勢で作業を行っています。
このように、精度の高い配筋を行っています。

■コンクリートの状態
基礎工事で使用されるコンクリートは、生コン工場でコンクリートを調合してからコンクリートミキサー車で運ばれてきます。
生コン工場も、現場に近いJIS規格工場を選定し、良質のコンクリートを打ち込みます。
作業は、適正な振動を加えながら、型枠内に隙間なく打ち込みます。
この流れスムーズに行うことが、良い基礎工事をするたに必要なのです。

■天候
コンクリートは、水・セメント・砂利・砂を混ぜて作ります。
その比率も決まっています。 基礎工事を行いう時に気になるのが天候です。
雨が降ってしまうと、屋外の作業である基礎工事ができないのはもちろんですが、コンクリート硬化目に前に雨が降ってしまうとコンクリートに水分が多く含まれてしまい、強度が低くなってしまうからです。
そのために、事前に天気予報をチェックし、雨が予想される場合は作業を行いません。

「耐震」+「制振」の安心

住まいづくりに「制振の安心」 WUTEC-SF(ウーテック)

当社では「耐震強度」に「制震性能」を併せ持つ、「耐震・制振壁」WUTEC(ウーテック)-SFの導入を推奨しています。

「耐震性」とは、地震に対して文字通り耐える力ですが、耐えるだけでは損傷を蓄積し、限界があります。ダメージを受け止めるだけでなく、地震のエネルギーを吸収し揺れを抑える「制震性」により、大地震を経験してもダメージが小さく、繰り返しの余震に対しても同じ性能が保たれます。シンプルな構造で低コストなので導入しやすいのが魅力です。

住まいづくりに「制振の安心」 WUTEC-SF(ウーテック) 4つ特徴

住まいづくりに「制振の安心」 WUTEC-SF(ウーテック)

1.建物の揺れ幅を最大80%低減
壁倍率+制振性能=「耐震・制振壁」
「WUTEC-SF」は、幾何原理と高純度アルミニウムにより高い制振 性能を実現。地震の揺れ幅を最大80%低減できます。

2.制限も少なく、施工しやすい
耐力壁を「WUTEC-SF」に置き換えるだけで、建物バランスの崩れや周囲部材への過度な負担などの心配なし。
デザインの制限も無く、特殊な工事や補強も必要ありません。

3.住まいを守りつづける
安定性と耐久性の高い金属製ダンパーを採用したことで、大地震の後も同じ性能が保たれます。また、短周期地震に対しても同じ効果を発揮し、さまざまな地震に対応できます。

4.メンテナンスフリー
建築指定材料+高耐食性加工
「WUTEC-SF」には銅とアルミニウムの建築指定材料、そして耐食性に優れた溶融亜鉛スズ合金メッキを使用しているため、時間による劣化や温度変化による性能低下がありません。
どんな環境でも抜群の安定性で同じ性能を発揮でき、半永久的に地震に備えます。

(ホリー株式会社WUTECのホームページより)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください小冊子プレゼント

Copyrights (C) 2013 KOTOBUKI HOME BUILDER All Rights Reserved.


PAGE TOP