制震(MER SYSTEM)

メイン写真メイン写真

低額取付キャンペーン
Home > コトブキの注文住宅 > 制震(MER SYSTEM)

制震(MER SYSTEM)制震(MER SYSTEM)

制 震 (MER SYSTEM)

地盤を適切に補強し、構造の耐震性確保は必須ですが、「耐震性」とは、地震に対して文字通り耐える力です。耐えることは即ち、ダメージを受け止め損傷を蓄積することになり、どうしても限界があります。地震のエネルギーを吸収し揺れを抑える制振装置MER-SYSTEM Cross Typeの採用により、建造物へのダメージを最小限に抑えることができます。そこに住まう人だけではなく、財産を守ることにもなります。

制震装置 MER-SYSTEM

制震装置 MER-SYSTEM

制震装置 MER-SYSTEM

オイルダンパーを知り尽くした世界に誇るメーカー、ヤマハモーターハイドロリックシステム株式会社との共同開発で生まれた製品です。
Made in Japanの高い技術力と品質管理で安心をお届けします。

地震等の揺れのエネルギーは建物の弱い個所へ集中します。これにより内装材・外壁のクラック(亀裂)や屋根瓦のずれ等の建物被害が起こります。また、現在の木造住宅は耐震性に優れた非常に固い建物になっています。つまり「固い=エネルギーが伝わりやすい」ということになります。地震の際にタンスなどの家具が転倒する2次災害を起こす原因にもなります。制振装置MER System Cross Typeは、建物に伝わる地震エネルギーを吸収するので建物への負担を軽減することが可能です。建物を揺れの被害から守り安全・安心を手にいれることは、そこに住まう人だけではなく、財産を守ることにもなります。

制震装置 MER-SYSTEM
制震装置 MER-SYSTEM

低額取付キャンペーン低額取付キャンペーン

安心と安全を確立する3つの効果

1 地震エネルギーを最大48%吸収

建物は大きな地震や繰り返し発生する余震により、釘やビス、接合部分の緩み等で耐震性が低下します。(スリップ挙動)制震装置MER System Cross Typeを設置することで、建物に伝わる地震エネルギー(加速度)を約40〜48%吸収し、建物への負担を軽減することで耐震性を維持させます。また大きな揺れから何度も繰り返される余震に対しても最大限の効果を発揮します。

地震エネルギーを最大48%吸収

2 揺れはじめから瞬時に減衰

シングルチューブ構造を採用したオイルダンバーのMER SYSTEMは揺れはじめから効果を発揮します。小さな揺れでもダメージが蓄積されると、釘やビスのゆるみが生じ耐力壁を損傷してしまいます。当初の建物の耐震性を守ることが制震の役割です、また、あえて抵抗力を制御することで構造躯体を痛めない特性になっています。
揺れはじめから瞬時に減衰

3 地震のあらゆる周期に対応

地震は震度と周期で構成されています。その周期は短周期から長周期まであります。また震源地からの距離や地盤等の条件により、周期が変化します。MER SYSTEMはあらゆる周期に対応し、建物倒壊の原因である共振現象やスリップ挙動を防ぎます。
※共振現象とは地震の周期と建物の固有周期が一致することで、揺れが増幅されることです。
地震のあらゆる周期に対応
熊本地震で効果が実証されました
記憶に新しい北海道胆振東部地震や熊本地震ではMER SYSTEMを搭載したお住まいは、ほとんど被害は確認されませんでした。

設置例

あらゆる木造建築に工法を問わず施工可能です。


MER-SYSTEM設置例