地震に強い家

コトブキホームビルダーの地震に強い家

コトブキホームビルダー家が
地震に強い3つの理由

理由その1

全棟構造計算を実施

コトブキホームビルダーでは、緻密な地盤調査の後、細かく正確なピッチで鉄筋の配筋を行い、しっかりとした基礎を築いています。剛床工法を採用し、土台と剛床を一体化させることで建物の安定感が増し、耐震強度を高めています。一棟一棟、構造計算を行い、耐震基準を確実にクリアしています。

理由その2

金物工法により
耐震性を強化

木材の接合部を金物により補強することにより、集成材の特長を引き出すと共に、強度を確保しています。同時に柱梁の断面欠損が起きにくく、構造的にも高い安全性を誇ります。金物、高耐力フレーム、高耐力壁、集成材本体は、数々の工法接合強度実験をクリアした素材により構成されるため、1階部の大開口の確保やビルトインガレージの設置といった高い強度と安全性を約束できます。

理由その3

優れた木材と耐久性の向上

コンピューター制御による高精度プレカットによって作られるJAS構造用集成材を木骨として採用しています。この集成材は、天然木材の長所をそのままに、反り、ねじれ、割れ、伸縮などの欠点を克服し、飛躍的な強度を実現しています。
また、サッシ周りやバルコニー取り合い部などから雨水が侵入するトラブルを防ぐため、特殊漏水防止部材で施工しています。さらに、木材をシロアリ被害から守る防蟻処理剤には天然ピレトリン(除虫菊エキスを使用)を原料とする人にやさしい薬剤をしようし、木材の耐久性を高めています。

耐震制振
より安心な住まいに

当社では繰り返す地震の揺れを吸収し、大切な家族と住まいを守る、「制震装置」αダンパーの導入を推奨しています。「耐震性」とは、地震に対して文字通り耐える力ですが、耐えるだけでは損傷を蓄積し、限界があります。ダメージを受け止めるだけでなく、地震のエネルギーを吸収し揺れを抑える「制震性」により、大地震を経験してもダメージが小さく、繰り返しの余震に対しても同じ性能が保たれます。シンプルな構造で低コストなので導入しやすいのが魅力です。

「制震装置」αダンパーの4つの特徴

  • 1.地震による建物の揺れを半減

    αダンパーを分散配置することで、建物の粘り強さが向上します。大震災後にいく度となく繰り返される余震にもその都度揺れを効率よく吸収し、変形を約1/2に抑え、建物の損傷を軽減します。油圧式のαダンパーはエネルギー吸収量が大きく、また地震の揺れ始めの小さな変形時より効果が発揮されることも実験結果にて確認されています。

  • 2.導入しやすい低価格

    付属の専用ビスで柱と梁に固定するだけで、追加の金物、木材などの副資材も不要です。製品・ 施工の手間ともに、導入しやす い低価格を実現しました。

  • 3.あらゆる木造住宅に設置可能

    地震の影響を受けやすい、外周周りに分散配置します。あらゆる木造住宅に設置可能です。建物の形状、床面積、梁の掛かり方、金物などを考慮し、最適な設置位置をご提案 いたします。

  • 4.メンテナンスフリー

    壁内設置対応によりメンテナン スフリーの設計です。自動車用の減衰装置に採用されている合成オイルと同等のものを使用して いるため、作動油性状に劣化が生じず、特殊なシールパッキングによるオイル漏れ防止やゴールドメッキなどの特殊加工により、80年以上の耐久性を誇ります。製品保証は20年、安心して導入いただけます。

地震が来ても大丈夫か不安な方
まずはコトブキホームビルダーにご相談ください!
耐震についてのご相談はこちらから