フルリフォーム

メイン写真メイン写真

Home > コトブキのリフォーム > フルリフォーム

フルリフォームフルリフォーム


大規模断熱リフォームで
「夏涼しく、冬暖かい家」へ
新築同様に生まれ変わります!

コトブキホームビルダーでは、コトブキの家づくりの4つの基本要素(「高断熱」「高気密」「高遮熱」「耐力壁&金物補強」)を1回の工事でバランスよく施工し、コストも抑えながら『新築同様』に夏涼しく、冬暖かい「健康長寿をつくる家」を実現する【大規模断熱リフォーム】をお勧めしています。

断熱リフォーム4つのメリット

01. 現場発泡ウレタンフォーム(Kフォーム)の採用

「夏涼しく、冬暖かい」住まいを実現する高断熱・高気密・高遮熱のヒミツは、ポリウレタン樹脂を主成分として発泡させたスポンジ状の断熱材、硬質発泡ウレタンフォーム「Kフォーム」。小さな硬い泡の集合体である硬質ウレタンフォームの中には、熱を伝えにくい空気が閉じ込められている上、現場吹付のためどんな凹凸にもぴったり入り込んで隙間ができにくいので、室内全体をすっぽり包み込み魔法瓶のような保温状態をつくり出し、優れた断熱性を得ることができます。

02. Kフォームの特徴

現場発泡ウレタンフォーム(Kフォーム)の特徴は自己接着性と自己発泡力で、断熱材が隙間なく充填されるので、施工のバラツキが少なくなります。

施工の効果

これまでの日本の住まいは、窓を含めて断熱が不十分で、隙間風も多いのが一般的でした。夏の暑さや冬の寒さを寄せ付けず、家中を同じレベルの温度に保つには、隙間なく十分な断熱をする必要があります。

01. Kフォームによる気密

現場発泡ウレタンフォーム(Kフォーム)は、自己発泡力により隙間なく充填されやすい特徴があります。さらに自己接着性による木部との接着力によって、長い間の木材の乾燥収縮にも追随性があるため、機密性能を安定的に保つことが可能になります。

02. 床断熱の気密

床断熱は断熱性能の高いフェノールフォーム(ネオマフォーム)50mmを床根太間に隙間をつくらないよう敷き込み、28mmの厚床合板を、取り合い部の隙間が生じないように十分注意して貼りこむことで、床下からの隙間風が入り込まないよう注意して機密性を確保します。

03. 隙間充填による気密

開口部のサッシ廻りは、ウレタンフォームを充填して隙間をなくします。設備配管の取り出し部、換気扇などの器具取り付け部に生じやすい隙間は、ウレタンフォームやコーキング、気密テープを施工することで、丁寧に気密を確保します。

施工の効果

01. タイベックシルバーの採用(外周部)

タイベックシルバーは、アルミニウムの力で輻射熱(赤外線)を上手にコントロールすることで、1年中を通して快適な空間を実現します。夏はアルミニウムの高い赤外線反射率により室外からの強い輻射熱(赤外線)を反射します。

02. 遮熱グラッサの採用(屋根)

紫外線に強いグラッサコートに、赤外線を反射する特殊な顔料を配合することで、太陽の熱を反射し、屋根材そのものの蓄積や居住空間への熱の伝達を抑えています。

太陽光の中でも熱線となる赤外線のみを反射率を約30%以上向上。これにより、屋根材への蓄熱を抑え、夜間の大気への放熱、居住空間への熱の伝達を抑制します。

03. 複層ガラス断熱サッシ + Low-Eガラスを採用

遮熱:室内に入り込む日射熱を50%以上カット
太陽の日射や照り返しなどの熱の流入を遮断することで、室内の暑さを抑えます。
UVカット:紫外線を76%カット
採光性を損なうことなく紫外線の浸透を防ぎ、肌や床、家具などに与えるダメージを大幅に軽減します。


建物解体時に構造の確認を行い、梁の補強工事、接合部の金物補強、構造用合板による耐力壁の設置などを随時行います。

01. 柱接合部の補強

柱と横架材(土台や梁)の接合部には、地震や風による水平力が働いても、柱が引き抜かれないよう鉾用金物を取り付けます。

02. 筋交い接合部補強

すでに設置されている筋交いには、地震時の揺れで外れてしまわないよう、接合部を金物で補強します。

03. 梁接合部の補強

梁と梁の接合部(仕口)には、羽子板ボルトを取付けて、水平力が生じても梁の仕口が外れてしまわないよう補強します。

04. 火打梁の設置

建物の隅角部(入隅・出隅)には火打梁を設置して、地震時の横揺れにも梁同士が一体で抵抗できるよう補強します。

05. 外周面には構造用合板を全面に使用

建物の外周部全面に耐力と耐久性の高い構造用合板を貼り付けます。水平力に対抗し、外壁の耐久性を高めます。

06.垂木取付部の補強

屋根垂木と桁との接合部には、垂木補強金物(ハリケーンタイ)を取り付けて、台風の強風時に屋根が飛ばされないよう補強します。

07. 厚床合板の設置

1階床、2階床には28mmの厚床合板を張り詰めます。水平剛性が高まり、壁の構造用合板と一体になる効果が上がり、6面体として強度を確保します。

施工の効果