case.01「経済的であったかい家になりました」(品川区F様・注文住宅)

メイン写真メイン写真

Home > お客様の声 > case.01「経済的であったかい家になりました」(品川区F様・注文住宅)

お客様の声case.01お客様の声case.01

ー 家の建て替えを考え始めたのはいつ頃からですか?
家自体が50何年も経ってかなりボロかったっていうのもあって、壁の端などは少し隙間が空いていたりとかして、全体も傾いているなというのも感じていました。冬はすごい寒いし、夏は暑いし、冷房も暖房も全然効かないんですね。冬場は寒くて家族全員ダウン着てるんですから。ダウンジャケットを横に置いて、朝起きたらすぐそれを着こんでって・・そんな感じだったんです。朝ご飯食べるときに、家族みんなダウン着てこんなになっているんだもん(笑)。
電気ストーブとかホットカーペットとか敷いて、その時はなんとかなるんですよ。でもその分電気代に跳ね返ってきて、3万、4万っていう時代がありました。夏は扇風機、冬は電気ストーブをつけっぱなし、それが高額な電気代の原因だったんです。1ヶ月で4万かかったらもう大変なことですから・・。そんな状態だったのでこれはそろそろダメだと思いました。

ー「健康長寿をつくる家」の住みごこちはいかがですか、暮らしは変わりましたか?
満足度は120%と言って良いかもしれません。暑い寒いとかいうのを全然感じなくなりましたね。この冬は(光冷暖を)ずっとつけていたんですけども、私、家の中ではTシャツ短パンでずっと生活できました。すごいなって思いますね。いざとなったらと置いてあった電気ストーブも、この冬は出すこともなく倉庫に入っています。
[息子さん] 以前は六畳一間、窓からの隙間風で部屋の中が外気温と全く同じようなもので、花粉も入ってくるし・・。花粉症なので前の家ではすごい花粉症の症状が出ていたんですけど、この(新しい)家は気密性が高いし光冷暖で風も起きないので、花粉症の症状は殆ど感じなくなりましたね。

ー コトブキの建物保温技術の導入を決める点で不安などありましたか?
これで本当に冬暖かく、夏涼しくなるのかって不安はあったんですけど、実際に入れてみてとても良かったと思っています。
[息子さん] まあ自分は全然そんな心配はなかったです。エアコンを入れるか、光冷暖を入れるかの2択で、「光冷暖」を入れたほうがランニングコストが安いというアドバイスを頂いて、トータルで考えて「光冷暖」に決めて良かったと思います。光冷暖はエアコンと違って動くところがないので故障もないんです。

ー コトブキを選んだ決め手はありましたか?
林社長とは10年くらい個人的なお付き合いがあって、会社を訪問した折にいろいろ断熱技術のこととかを見させてもらっていたので、建築を頼むならコトブキさんにお願いして、断熱が効いててしかも光冷暖のあるそういう家にしたいなという思いは以前からありました。

ー コトブキに頼んで良かったと思うことは?
やっぱり生活する上で快適な家になったっていうことですね。今までと全然違うのが、天井が高いっていうのもそうだし、フローリング、バリアフリーどれもすごく快適に感じています。母親は自分の部屋に専用トイレを造ってもらったんですけど良かったって言ってます。そういう設計ができたっていうことがコトブキさんの強みかなと思っています。また、3階建ての賃貸併用住宅にして、2部屋を貸しているのですが、その家賃収入で建築費がまかなえていますよ。