狭小地に建てる家

メイン写真メイン写真

Home > 心地よく暮らす住まいのかたち > 狭小地に建てる家

狭小地に建てる家狭小地に建てる家

狭小地に建てる、都市型3階建て

限られた敷地を最大限に生かし、都市の便利な暮らしを自由に楽しく。

交通機関や商業施設が充実した便利な都市の敷地は狭小地で敷地条件が厳しい場合が多く、難しい条件をクリアしなければなりません。限られた敷地だからこそ縦の空間を上手に利用し、暮らしやすい 生活導線を考え都市の便利な暮らしを楽しめる住まいをご提案します。

狭小地でも快適に暮らせる間取りの工夫 6つのpoint

point 01 敷地の特性を活かす

敷地の特性を活かす

部屋に光が入らない、隣家との間隔が狭いなど、目黒区・品川区・大田区・世田谷区の狭小住宅ならではの課題があります。天井近くの高い位置に取り付けるハイサイドライトや天窓、吹抜けなど、周辺状況を確認しながら光を取り込む工夫をします。

point 02 どんな空間でも活用する

どんな空間でも活用する

狭小地に建てる家だからこそ、無駄な空間をなくすことが大切です。例えば、階段下のデッドスペースを活用し、収納スペースを設けるなど、どんな空間でも有効活用します。

point 03 縦の空間を有効に使う

3階建てや地下室を活用する

限られた敷地の中で、できるだけ広く快適な空間にするために、縦の空間を有効に利用します。屋根裏収納やロフト、屋上、地下室など、限られた敷地を最大限に活用できる工夫を。

point 04 将来の変化に対応できる

家族構成やライフスタイルは、変化していくもの。将来の暮らしの変化に対応できるプランにしておくことも大切です。

point 05 家事・生活動線&収納の工夫

使う場所に必要な量の収納を計画します。その時、家事や生活の「動線」に合わせて配置することが使いやすさのポイントです。

point 06 広さにメリハリをつける

面積が小さいからとキッチンを小さくするのではなく、広く取るべき場所は広く、狭くて良い場所はコンパクトにまとめる。メリハリをつけたプランに。

広く感じる空間づくりの工夫

細かく部屋をつくらず、間仕切りの少ない大きな一つの空間を作ります。
通路となる廊下など余分な空間はできるだけ省き、居室をできるだけ広く確保します。
天井近くに取り付けるハイサイドライトや天窓を取り入れると、視線が空へ抜け広く感じられます。

広く感じる空間づくりの工夫広く感じる空間づくりの工夫

間仕切りの上部をガラスにするなど「視線が抜ける」ようにすると、部屋を広く見せることができ、光も取り込めます。(写真左)
吹き抜けや勾配天井をつくり、天井を高くすることで、空間に開放感が生まれます。(写真右)

Concept Plan

メイン写真

細長い狭小地でも生活同線と収納を工夫した居心地の良い都市型3階建て。細長い狭小地でも生活同線と収納を工夫した居心地の良い都市型3階建て。

1F

2F

3F

二世帯住宅二世帯住宅

コトブキホームビルダーでは、新築・リフォーム・建て替えを問わず、住まいのお困りごと、家づくりの不安や疑問・ご心配に無料でアドバイス、個別相談に応じています。「住まいの相談室」にいつでもお気軽にご相談ください。